防災グッズ通販横断検索はAmazon、Yahoo、楽天を横断する、防災グッズの価格を徹底比較、防災グッズを安くゲットできるサイトです。

雪崩災害

雪崩災害の概要

行き深い北国では、雪崩の被害も毎年報じられます。 記録的な積雪量を観測した場合は、雪崩の可能性を秘める事になります。

雪崩の原因には複数のパターンがあります。 大量の雪の重さに耐えれず、流れ落ちるパターン。 一旦雪が止んだとしても、気温の上昇が原因で滑り落ちるパターン。 何らかの原因で大きな音や震動がきっかけで滑り落ちるパターン。 このように様々な原因で雪崩は発生します。

おおよそ、山奥や山頂で観測される事があります。 しかし、そうとも限らないのが今年置きが事例です。 秋田の温泉地で、入浴中の客を雪崩が襲いました。 3名の死亡者がでました。 積雪量の多い、雪深い場所では、どのような原因で雪崩が発生するか予測できません。 特に、今回の事例のように観光客であれば、尚更予備知識も無いわけです。 最前の注意が必要になります。

また、雪山登山での事故は後を絶ちません。 登山を志している方に取っては、ロマンであったり目標であると思います。 しかし、雪崩に関する知識は十分に備え、コーディネーターの指示には従うようにしましょう。 何より大切なのは、命なのです。

次に挙げる事例も悲しい事故でした。

2012年3月16日群馬県みなかみ町・谷川岳天神尾根において雪崩が発生。 その後、同時期に1人でスノーボードに出掛けた人物より連絡が途絶えました。 捜査の結果、死亡した状態で発見。 原因は雪崩に巻き込まれた事によるものでした。 このように、なれた場所だからと言って、一人で出掛ける事も避けるようにしましょう。 この場合、本人の詳細な行動が一切不明。 一人行動による事が原因でした。

雪崩災害対策について

雪崩に対する対策というのは、数多く挙げられると思います。 その中でも最も備えて欲しい対策があります。

「一人で行動しない」ということです。 どのような完全装備であっても、雪山へ一人で出掛ける事は避けて下さい。 万がいち、数名同時に雪崩の被害に遭ったとしても、複数と一人では生存の確率が格段に違います。 人は助け合う生き物です。そこで励まし合いながら側に居るだけでも全く違うのです。

第二に、「無理をしない」ことです。 登山やスキー・スノーボードなどは、上達すればする程上を目指そうとします。 少し、無理をしてやりのける事が目的だったりします。 しかし、環境や状況で判断を誤らないようにして下さい。 無理をして、命を落としては元も子もありません。 命会ってこその達成なのですから。

第三に通信機器を必ず持参する。 最近は携帯電話も比較的通じる時代になりました。 そうで無ければトランシーバーなどを持参して下さい。 いざというときの情報伝達にもなりますし、定期的に通信を行いながら行動を起こすようにしましょう。

最後に、備えて欲しい対策で「雪崩で死なない為の法則」というのがあります。 雪崩の原理を徹底的に知っておく事を促されています。 単純に降り積もっているように見える雪ですが、そこには層が出来ています。 自分が居る場所がどのような層で出来ているのかをチェックする事が対せるです。 そして、雪崩のメカニズムを知り尽くしたうえで、何事にも挑戦するようにしましょう。

サイト内検索

Loading

提携ストア


↑ PAGE TOP