防災グッズ通販横断検索はAmazon、Yahoo、楽天を横断する、防災グッズの価格を徹底比較、防災グッズを安くゲットできるサイトです。

土砂災害

土砂災害の概要

梅雨の時期に入ると、大雨の予報も増えそれに伴って様々な災害が発生します。 そのひとつに、土砂災害がります。 比較的傾斜地の多い地区では、特に注意すべきでしょう。

今年も台風4・5号の到来で、多くの被害報告が上がりました。 その中でも、長崎県で起きた土砂災害は多く報じられた気がします。 長崎は坂が多いと言われ、傾斜地も非常に多いです。 それによって、土砂災害が多く発生したのでしょう。

その他、茨城でも土砂災害による被害報告が報じられました。 茨城県常陸太田市では、土砂が完全に道路を覆い尽くしました。

そもそも、土砂災害とはどのような原理で発生するのでしょうか。 少し説明したいと思います。

最も簡単に言ってしまえば、大量の雨により地盤がゆるみ土地が崩落します。 これを土砂災害といいます。 日本の国土の面積の7割が山地で、海までの距離が世界に比べて短いです。 よって、比較的傾斜地は多いというなのです。 また、度重なる土地開発により、森林が伐採されます。 森の木々が減ってしまうと、土地を固定する力も少なくなり、土砂災害の原因になる事もあります。 年間発生数は年間500~2,000箇所、平均10人程の方が命を落としています。

自宅の裏や山であるという方は、世界と比較すると多いのが日本です。 その現実を自覚しておく必要があります。 また、同じような土地の形態を持つのが、ネパールやインドネシアです。 この国でも同じような被害や災害に見舞われています。 合計約1000人の方が亡くなられているこれらの国では、日本からの技術の支援も勧められているそうです。

土砂災害対策について

土砂災害に対する対策として、最も重要なのは意識を高める事です。 毎日過ごしている自宅や地域ですので、どうしても「まさかここが…」と思う事があります。 今迄大丈夫だったんだから、そんな事有る分けない。 そう思っている方も多いのではないでしょうか? その油断が一番危険です。

また、土砂災害というのは雨が降っているリアルタイムに発生するとは限りません。 雨がやみ、翌日に発生する事もあります。

山からの雨水がどんどん下に流れ込み、一気に…。 という事もあるのです。 自宅の環境を再認識し、「もしかすると」という意識を持っておくようにしましょう。

また、ハザードマップを事前に手に入れておくのは賢い選択です。 土砂災害は、なにも自宅ばかりではありません。 通勤途中の道路や仕事場。 いつも買物に行くお店など、土砂災害の危険がある可能性があるのです。 自分の行動範囲に、どれだけの危険が備わっているのか? 事前にチェックしておくようにしましょう。 そうする事で、回避出来る事は沢山あります。

最近、行政などの取り組みで土砂災害を未然に防ぐ為の植林や砂防の建設もあります。 こういった動きもありますので、皆さんも意識を高めて自分の身は自分で守れるようにしましょう。

土砂災害については、先ほども述べたハザードマップでの事前調査も肝心です。 その他に、ネットでいち早く雨量や危険地域の報告も報じられます。 最近ではツイッターなどでの情報共有もおおいようです。 傾斜地で、少量でも水が流れ出ている場合。 または、パラパラと小石が落ちて来ている場合は、危険信号だと思って下さい。 このように周りからの情報と、黙視による確認が取れた場合は、一刻も早く避難するようにしましょう。

サイト内検索

Loading

提携ストア


↑ PAGE TOP