防災グッズ通販横断検索はAmazon、Yahoo、楽天を横断する、防災グッズの価格を徹底比較、防災グッズを安くゲットできるサイトです。

洪水災害

洪水災害の概要

雨が比較的多い日本では、洪水による災害の記録がいくつか残されています。 台風や雨が多い九州・沖縄では、崖崩れや水難の災害が今年も報じられました。 しかし、都心では元々洪水対策が薄いようです。 一度大雨に見舞われると、大惨事を引き起こす事があります。 その一例を挙げてみたいと思います。

2011年7月

日本では、記録的な集中豪雨にみまわれ、至る所で浸水が起こりました。

東京都では、記録的雨量により地下が浸水。 死者を出す大惨事となりました。 日本では、地下空間にショッピング施設を始め、様々な施設を設置する傾向があります。 多くの状景を想定しての話ではあると思います。 しかしいざという時、地下では身動きが取れず、命を落とす事になります。

記憶に新しいのは、2012年6月

台風4号の影響で、多くの都市が浸水被害にみまわれました。

最も報じられたのは、都北地区。 降水確率の最高を報じたのは、福島市鷲倉214ミリ。 記録的な豪雨となり、交通機関の乱れも相次ぎ、市民生活に大きな影響が出ました。

水の災害というのは凄まじい物で、少しの量でも溺れてしまう事もあります。 また、橋を崩壊してしまう災害の事例もあります。 子供の頃など、比較的洪水や大雨は甘く考えがちです。 その油断が思わぬ被害に遭うきっかけになってしまいます。

ニュースや地区からの情報は真意に受け止め、敏速に対応するようにしましょう。 そして、周りの家や地域の人と声を掛け合いながら、避難するようにしましょう。

洪水災害対策について

洪水対策というと、ピンと来ない方も多いと思います。 だからこそ、是非自宅に備えていて欲しい防災グッズがあります。 実際に、被害似遭ってからでは遅すぎます。 転ばぬ先の杖が対策なのです。 ここでは、いくつかの防災対策グッズを紹介したいと思います。

●土嚢

土嚢というのは、そもそも土を入れて重くし、水や土砂などの侵入を防ぐ物です。 しかし、いざという時、土を詰める時間も有りません。 しかも、女性だけだと、何十キロにもなる土嚢を作る事も、運ぶ事も困難です。 そこで、紹介したいのが土のいらない土嚢です。

見た目は普段の土嚢袋と変わりません。 違うのは詰めるもの。 元々は土を詰めますが、水に浸すだけで、中の特殊素材が約3分程で水を吸収します。 そして、およそ20キロ程の土嚢の完成となります。 とても短時間でOKですし、設置時点ではさほど体力は必要ありません。 ご自宅に、特に一軒家をお持ちの方にはお勧めしたい商品です。

●救命衣

え?と思われてしまうと思います。 そもそも、船舶用で目にする事が多いと思います。 もしかすると、釣りに行くご家庭には有るかもしれません。

まさかと思うかもしれませんが、ご自身が大水の中に投げ出されたと考えて下さい。 救命衣はとても必要なものです。 まさか?と思う物程、必要な物ですし対策というものです。 川沿い・海沿いにお住まいの方がいましたら、ぜひ揃えておいて欲しい商品です。

このように、対策はし過ぎるほどいい物です。 また、どこに閉まったか把握しておくのも大事です。 そして、その前兆を感じた時には、すぐ手物に準備するようにしましょう。 その心がけがとても大切なのです。

サイト内検索

Loading

提携ストア


↑ PAGE TOP