防災グッズ通販横断検索はAmazon、Yahoo、楽天を横断する、防災グッズの価格を徹底比較、防災グッズを安くゲットできるサイトです。

災害発生時の連絡方法

災害発生時の連絡方法

災害発生時の連絡方法、皆さんどのような物が浮かびますか。

今や一人に1台携帯電話を持つ時代です。 携帯電話で連絡を取ろうとするでしょう。 しかし、それはとても難しいです。 基地が災害に遭ってしまうと電波は飛びません。 それなら公衆電話…と考えがちですが、そもそもが公衆電話も電話線です。 また、電気が止められてしまえば、使用する事は出来ません。 では、どうしたら良いでしょう。

昨年の地震を機に、様々な通信機器会社がサービスを開始しました。 お互いの携帯番号で本人を認識し、伝言メッセージを承るというサービスが代表的です。 これは、災害が起きた後に発せられたもので、次に何か起きたとき皆さん利用するでしょう。

もし、インターネットが可能であれば、ツイッターを利用する方法もありました。 リアルタイムで情報交換が出来るわりに、通話ほど回線を占領しません。 とても話題になりましたり、便利な機能でした。

また、とても原始的ですが伝言板です。 自分が何処に避難しているのかを書き記す方法。 または、探している…という伝言を残す方法。 様々ですが、この伝言板で相手の無事を知り安堵の表情を浮かべる方は沢山いらっしゃいました。

このように、災害時の連絡方法としては様々方法はあります。 無事だからこそ、早く知らせたい。 一刻も早く安否が知りたい。 いつの時代になっても、双方の思いに代わりはありません。 時代に流れにより、方法は様々です。 そして、進化しています。

遠方の家族や友人とは、どのような連絡方法を取るのか事前に約束をしておく事をお薦めします。

サイト内検索

Loading

提携ストア


↑ PAGE TOP